ロックファン語るなら聴かなきゃ Lynyrd Skynyrd

Lynyrd Skynyrd アメリカのサザンロックのバンド

 

1964年の夏にフロリダ州ジャクソンビルで、ロニー・ヴァン・ザント、ゲイリー・ロッシントン、ボブ・バーンズ、アレン・コリンズ、ラリー・ヤンストロムの5名により結成。結成当初のバンド名は「Bob's Backyard」。これはボブ・バーンズの自宅車庫で練習していたことに由来する。1968年にバンド・コンテストで優勝し、地元のローカル・レーベルからデビューした。1970年にバンド名をレーナード・スキナードに改名。この奇妙な名は、メンバーのハイスクール時代の体育教師「レオナルド・スキナー」の名前をもじったものだという。

やがてバンドはアル・クーパーに見出され、1973年MCAレコードからアルバム "Pronounced Leh-Nerd Skin-Nerd" でデビューした。アルバムからシングルカットされた「フリーバード (Free Bird) 」がヒットし、バンドは順調なスタートを切る。1974年には「スウィート・ホーム・アラバマ (Sweet Home Alabama)」が大ヒット。この曲はニール・ヤングの曲「サザン・マン」へのアンサーソングとして知られている。サードアルバムからは「サタデイ・ナイト・スペシャル (Saturday Night Special) 」がバート・レイノルズ主演の映画『ロンゲスト・ヤード (The Longest Yard)』の挿入歌に採用された。トリプルリードギターを擁する重厚な音を特徴とし、オールマン・ブラザーズ・バンドやアトランタ・リズム・セクションと並ぶサザン・ロックの旗手として、ライヴでは多数の観客を動員する人気バンドとなった。最盛期(1976年前後)には南部でのライヴにおいてカルロス・サンタナを前座とするほどの人気を誇った。

音楽的には当時隆盛のブルース・ロックをはじめとするブリティッシュ・ロックに強い影響を受けつつも、アメリカ南部土着のカントリーのセンスを保持し、後にサザン・ロックと呼ばれる音を作り上げた。また、ヴィジュアル・イメージに南軍旗を使うなど、アメリカ南部の、悪く言えばレッドネックのイメージを強く持っていたが、それが南部ではバンドへの根強い支持に繋がっていた。

1977年10月20日、ツアー中の飛行機(コンベア240)がミズーリ州マッカム近郊で燃料切れにより[1]墜落し、ロニー・ヴァン・ザント、スティーヴ・ゲインズ、スティーヴ・ゲインズの姉でバックコーラスのメンバーだったキャシー・ゲインズら主要メンバーが死亡。バンドは解散した。

飛行機墜落事故の同年には、ロニーの弟であるドニー・ヴァン・ザントが率いる38スペシャルがデビューしており、しばらくはレーナード・スキナードの後継を名乗り、コンサートでもレーナード・スキナードの曲を演奏するなどしていた。1987年、ロニーのもう一人の弟であるジョニー・ヴァン・ザントが中心となりバンドを再結成。ライヴを中心に現在も活動を続けている。2006年にはロックの殿堂入りを果たした。

かなりの音楽好きなら知られているがなかなか知られてないと思っているので彼らの音楽に触れてみよう。

おすすめ洋楽、レナード入門におすすめCDはこの2枚だ!

 

すばらしい・・

このCDではトリプルギターが味を出している。サザン・ロックでも特別な存在感を醸し出している。これは最高だ!大音量で聴きましょう。

人気ホームページランキング

HMVジャパン UKロック

見やすいTAB3様

リンク集