The Beach Boys 1961年

初心者〜中級者におすすめ洋楽は、The Beach Boys

ブライアンを長男とするウィルソン兄弟を中心に61年、カルフォルニアで結成。

軽快なロックンロールに爽やかなコーラスをミックスしたサウンドで「サーフィンU.S.A」などのヒットを連発し、サーフミュージックの代表となる。その後、ビートルズに触発されブライアンはスタジオ作業に没頭、66年名作「ペット・サウンズ」

を発表するが、次作「スマイル」制作時に精神的に病み、バンドも低迷期に入る。

70年代中盤、精力的なライヴ活動や名曲が見直されて人気を回復。88年には「ココモ」が22年ぶりの全米1位を獲得。ブライアンも80年代後半に復活。2004年に「スマイル」を発表し、ファンを喜ばせた。

 

イギリスからのビートルズの出現により、ビーチ・ボーイズはかなりの苦労をした事が分かる。

 

レビューを紹介

 

最初、聞いたときはなかなか飲み込めずにいました。最初聞いて好きになった曲はWouldn't It Be Niceぐらいだったです。しかし、何度も聴きこむうちに私はこのアルバムの世界の虜になってしまっていました。 当時のスタジオワークの技術をフルに駆使した複雑かつ、完璧に構成されたポップなサウンドの曲たち。それは、とても美しく、ときにとても儚く聞こえました。ブライアン・ウィルソンという天才で、弱く繊細な心をもつ孤独な一人の人間の心の中が、詩やサウンドとともに流れるブライアンの美しいボーカルから、にじみ出てくるような感じがしました。 (実際、この後、ブライアンは心が繊細過ぎたため、「Pet Sounds」のアメリカでの商業的失敗や「Smile」の未完成での棚上げなどで精神を病んでしまい、ビーチボーイでのブライアンの地位は低下していってしまうことになりました。) まあ、あんまり分かりにくいかもしれませんが、こういう表現でしか表すことの出来ないアルバムだと私は思います。 

あのポール・マッカートニーが「世界で一番美しいメロディー」といわしめたGod Only Knowsや、Sloop John Bなどの永遠の名曲はもちろん、愛する人への届かぬ儚い想いをポップなメロディーに乗せて歌ったWouldn't It Be Nice、そしてHere TodayやI Just Wasn't Made for These Timesなどの哀愁漂う隠れた名曲まで、一曲一曲が聴く人に感動を与えずにはいられないでしょう。 

「このアルバム聴かずして、20世紀のロックを語ることなかれ。」といえる数少ないアルバムの一つではないでしょうか・・・。

 

確かに名盤ではある。 

音楽的なその作りに対する評価や評論は沢山されて来た。 
基本スペクターがベースとも言えるがとにかく類を見ないほど独創的。 

そして何より凄いのはこのアルバムが5人のメンバーの内、ブライアン 
ウィルソンだけの内面の「陰の部分」を告白した曲 
(しかもビーチボーイズといういかにも陽気なバンドで) 
が殆んどの告白小説的アルバムだということだと思う。 
正直あの時代によく発売されたな~と今思うと不思議だし 
ある意味奇跡的。 

だから曲のクオリティーを楽しむことはいつでもできるけど、 
詩の内容は何だか痛々しくて聴く状況が限定されてしまいます。 
私の場合… 
曲のタイトルに「GOD」が使われたのもポピュラー音楽では 
確かこのアルバムが世界初。 

色んな意味で総合的に星5つ。

 

世紀の名盤も名盤です。 
これ聴いたとき、正直、怖い、と思いました。 
その完成度もさることながら、ポップでセンチメンタルな曲間から、どこか狂気じみたものを感じたからです。 
マッカートニーが誉めたゴッドオンリーノウズも素晴らしいですが、ウドゥントイットビーナイスが特に素晴らしい。 
キラキラしてて、暗くて、明るくて怖くて。 
内容だけ見ても、ここまで完成されたポップアルバムも珍しいはず。

 

両面仕様で、片面がDVD Audio用、もう片面が通常DVDプレーヤー用で、'97年のマルチ・マスターからの5.1chサラウンドはDDのみならず、DTSも収録。その他、高音質96KHz / 24bitでそれぞれstereoとmonoも収録されており、ボーナス曲も5.1chで7曲入り。プロモやメイキングなど、映像特典も満載で、ファンならずとも絶対に買い!のソフトです。

これ一枚あれば、あとは'ヴァージョン違いの'01年版のstereo盤(monoとの2 in 1 CDで発売。'99年発売のものは'97年マスターなので注意。)があれば、音質いまいちのオリジナル・アナログ盤すらも入りません!

 

夏はThe Beach Boys でドライブしてみては!

 

人気ホームページランキング

HMVジャパン UKロック

見やすいTAB3様

リンク集