The Lovin'Spoonful 1960年代

wiki引用 

ラヴィン・スプーンフルThe Lovin' Spoonful)はアメリカのバンド。1960年代に「魔法を信じるかい?」、「デイドリーム」、「サマー・イン・ザ・シティ」などのヒットを放った。2000年ロックの殿堂入り。

ハーモニカ奏者であるジョン・セバスチャンとコード・カッティングの名手であるギタリストザル・ヤノフスキーの2人を中心に結成され、1965年にデビュー。他のメンバーはジョー・バトラー(ドラムス)とスティーヴ・ブーン(ベース)。元々はマグワンプスというフォーク・グループが分裂してできたバンドで、もう一方はママス&パパスを結成した。

穏やかなフォークのセンスをベースとしながら、当時のブリティッシュ・インヴェイジョンの影響によるロック性をうまくブレンドした音楽性で、デビュー曲の「魔法を信じるかい?」は全米9位のヒットを記録。1966年の「デイドリーム」は全米2位、「サマー・イン・ザ・シティ」は3週連続1位の大ヒットとなった。

1967年にヤノフスキーが麻薬所持で逮捕されたため脱退、後任にモダン・フォーク・カルテットのメンバーであるジェリー・イエスターが加入した。イエスターが加わって制作された4作目のアルバム『エブリシング・プレイング』発表後、リーダーのセバスチャンが脱退するとバンドは立ち行かなくなり、まもなく解散した。解散後に実質的なジョー・バトラーのソロ・アルバムである『革命』が、レコーディング契約の都合上、ラヴィン・スプーンフル名義で発表された。

参照 

この方に、入りやすい曲を紹介、魔法を信じるかい?はとても日本人が好きなメロディーだと思います。紹介CDです。

人気ホームページランキング

HMVジャパン UKロック

見やすいTAB3様

リンク集