CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL : CCR

大人な雰囲気を出してくれるCCR.初心者に聴いてほしいCDはこれだ!

 

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival、略称CCR)は、アメリカバンドアメリカ南部特有の泥臭いサウンドを持ち味としたサザンロックの先駆者的存在。活動期間は短いながらもロック界に大きな足跡を残し、1993年ロックの殿堂入りを果たしている。

 

1959年ジョン・フォガティスチュ・クックダグ・クリフォードの3人で結成されたブルー・ベルベッツを前身とする。後にジョンの兄のトムが加入する。1967年サンフランシスコファンタジー・レコードと契約し、バンド名をゴリウォッグスと変えてデビュー。

1968年にバンド名をクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルと改めた。同年にスワンプロック(南部のロック)のカバー曲「スージーQ」がヒットし、当時ヒッピー文化が全盛だったサンフランシスコでは異色の存在として脚光を浴びる。

1969年から1970年にかけて、彼らの代表曲となる「プラウド・メアリー」、「ダウン・オン・ザ・コーナー」、「雨を見たかい」といったヒットを飛ばす。ところが「プラウド・メアリー」(3週連続)、「バッド・ムーン・ライジング」、「グリーン・リヴァー」、「トラヴェリン・バンド」(2週連続)、「ルッキン・アウト・マイ・バック・ドア」という、この5曲は全てビルボード・シングルチャートで全米第2位に泣かされている。全米No.1を獲得出来なかったアーティストの中で最多5曲の全米第2位楽曲を持つという珍記録になっている。

前途洋々かと思われたバンドだったがジョンに注目が集まりすぎたゆえにメンバーの仲がぎくしゃくし、1971年にトムが脱退。翌1972年に発表したアルバム「マルディ・グラ」は各メンバーの曲やボーカルも取り入れた民主的な作品であったが失敗に終わり、バンドはあっけなく解散した。

ジョンはソロ作『ブルー・リッヂ・レインジャーズ』(1973年)、『ジョン・フォガティ』(1975年)を発表するが、楽曲の著作権にかかわる訴訟に巻き込まれたため、CCR時代の楽曲が唄えなくなってしまった。また訴訟関連に嫌気が差したことも影響して、音楽活動に消極的になり隠遁状態が続いた。しかし、1985年には『センターフィールド』を発表、同作はミリオン・セラーを記録し、1997年に発表した『ブルー・ムーン・スワンプ』では、キャリアの集大成的なサウンドを披露しグラミー賞を獲得した。また同年に開かれたソロライブでは数多くのCCR時代の楽曲も披露した。また2003年には、『THE BLUES Movie Project』を締めくくるコンサートに客演するなど、寡作ではあるものの健在振りをアピールしていた。2007年訴訟問題が解決したジョンは古巣のファンタジー・レーベルから『リバイバル』を発表。

二人のメンバー、スチュとダグは現在「クリーデンス・クリアウォーター・リヴィジテッド」としてライブ活動を行っているが、別活動のジョンとの接触はない。トムは1990年エイズのために家族を遺して、48歳で死去している。

 

では、レビューを紹介!

CCRは この1枚で決まり。CCRを知らない人でもどこかで聴いた事がある曲や、初めてでもお気に入りの曲に追加したくなるものがあるはず

 

今聴いても十分に熱い音だ。このバンドはとにかく楽曲が上手い。世代論やスタイルだとか流行とかに関係なく、気合が入る。聴いて元気に自由になれるサウンドだ。

ヒットソングバンドのイメージが強いが、実はバーズやドアーズ、ヴァニラ・ファッジ、ジェファーソン、イッツ・ア・ビューティフルデイ、ジミヘンらと同次元で語られるべきアメリカン・ロックのイノヴェーター的存在である。 

是非とも聴き易いベスト盤からでも彼らの世界に入って欲しい。

 

リーダーのジョン・フォガティは健在。ソロで現役バリバリ。ヒッピー世代の骨の髄からのリベラル。戦争嫌い。ブッシュ嫌い。ブルースが率いたオバマ支援ツアーにも参加。「いちご白書」ヒッピー世代の親父たちを喜ばせオバマ当選に貢献した偉い人。もう60代半ばかな?根性のある人。日本ではもう忘れられたか若い人は知らないらしいな。私は大好きだ。川本三郎もファン。昔から聞いてた人は珍しい。日本でCCRファンがいたんだな。ジョン・レノンも評価。まあ1度聞いてみてよ。

 

声ガラガラじゃないですか。でも体が自然とユラユラします。 

 

70年代に一世を風靡したCCR。 
サウンドは古いロックンロールを踏襲している。 
このバンドの特徴は、何といってもヴォーカルのフォガティが握っている。 
しわがれ気味だがよく通る声。聴いてみて欲しい! 
このベスト盤はCCRの名曲を全て押さえている。 
ハイ・テンテンポのR&Rからバラードまで網羅。 
買いでしょう!

 

このバンドも知る人ぞしる、超伝説的バンドの一つ。
バンド名がエライ長くて、おそらく、音楽史上最長の
バンド名の持ち主であろう。その名も
「クリ-デンス・クリアウォーター・リバイバル」。
なので、一般的に「C・C・R」で通している。
さて、このバンドは古き良きアメリカの田舎町を想像する
ジャンルの代表バンドで、カントリー、ブルース、R&B、
ロックを融合した感じの泥臭いサウンドが持ち味で、
全米でNo.1を獲った曲は無いもののTOP10入りした
曲が結構あり(No.2が4曲ほど)
何気に今の時代でもよく耳にする曲が多いのだ。
例えば、一番有名なところで、以前桑田バンドがカヴァー
したり、最近でも、CMなどで、よく使われた
「雨を見たかい?」や、このバンドにピンとくる人もいるはず
のハードロックバンド、ハノイロックスがカヴァーして
大ヒットとなった「アップ・アラウンド・ザ・ベンド」や、
女性ロックヴォーカリストのダイナマイトレディ、
ティナ・ターナーがカヴァーしてこれまた大ヒットとなった
「プラウド・メアリー」などなど、その他多くのアーティスト達に
カヴァーされている。
このアルバムは、そんな代表曲を集めた初期のベストであり、
これを聞けば、C・C・Rの全てをお分かり頂けるだろう。
まぁ、他にもベストアルバムが出てるし、
そんなに曲の内容もどれも変わらないので、とにかく聞いてみよう。

 

非常に熱いレビューですね、私も名前はCCRとしか言えませんw

聴いてみましょう^^

 

入りやすい順序になってます。

今回はここまで^^

人気ホームページランキング

HMVジャパン UKロック

見やすいTAB3様

リンク集